帰りたくて仕方がない

今日は市役所へ手続きに行きました。

地元の市役所は家から近く、片道30分程度。

ボカロ曲歌いながら(アラフォーのおっさんがね笑)歩いて市役所到着。

受付で自分が向かう窓口を確認してそこに行くと張り紙が、

要約すると「ただいまコロナ感染症のため職員を減らして対応してます」とのこと。

ふーん。待つのかなー。と思いつつ窓口へ。

受付番号の紙をもらい待機。

スマホで時間つぶして、数十分後。担当者さん登場。

良かった良かったとスマホを置いて手続き開始。

しかし、職員さんがいないためか。確認作業に時間がかかる…

まあいうて、脳内アドレナリンはいつも大放出してるし、加えてボカロ歌ってきたから?テンション高い私。

何かあるわけでもないのに楽しい私に恐るべき相手が現れました。

隣りの席にオジサン着席。「○○だと△△が安くなるって××さんに言われて~」と会話駄々洩れ。

そして担当者が確認するとそうではないようで、ご立腹。

「どうしたらいいの?」「それはおかしかないかい」「××さん呼んでー」

そんな中で私の窓口の担当者がすべての書類を揃えて、注意点を話してくれ始める。

もうね。なんもわかんないよ。イライラしてる人がいて怖いよ普通に。

体格とか風貌、雰囲気が怖いんじゃないけど気分が悪い。

そうでなくても内容が小難しいのにパッパラパーだよ。帰りたい…

書類をもらった私は後日、改めて確認しますと言い帰りました。

待つのは苦じゃないけど、ほかの人のストレスとか過敏だなーって改めて思いました。

ぜひフォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です