ウツから早く回復するには?

今回もウツの記事です。私は長い間ウツでした。結果論的な話ですがこうしとけばよかったみたいなものを紹介します。

まず当事者が第一にするのは

「無理に動かない」

ということです。

抗うつ薬などは脳に作用する薬なので風邪薬や胃腸薬とは質が異なります。

その人その人に合った薬を探すのが最初にクリアしないといけない課題です。

ここで大事なことは抗うつ薬などの薬は「最低2週間」前後は様子見しないといけないことです。

薬飲んだからすぐに治るというものではないのです。

2週間飲んでも副作用などでいまいち合わない場合は薬を変えます。

また2週間は様子見です。

私のようなADHDの副次的なウツの場合、ウツをある程度回復してからの様子見なんで今の薬になるまで5年くらいかかってます。

ウツ病は神経伝達物質など目に見えない要素が多いので効果的な薬を選び、効果が十分に出るまでは安静第一です。

またウツ病は脳の機能が下がるので当たり前のことや出て当然のことができなくなります。

食事が終わり食器を洗うどころか片付けすらできないこともあり得ます。

それも波があってできる時とできないときがあったりもするのです。

当人の性格にもよりますが無理に動かない、動かさないのが良いと思います。

脳機能が回復してきたら自然と意欲や興味も出てくるものなので…

今回の記事はここで終了です。

ウツの話はまだありますが、ADHDのポンコツライフが見たい人のために?時々各程度にします。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ぜひフォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です