困ったらこれ、定番バズるツイートのジャンル

abundance bank banking banknotes SNS
Photo by Pixabay on Pexels.com

Twitterはお手軽簡単です。

しかし、ポンポンとツイートしていく話題がない…とお困りの人も多いです。

そこで今回は万人受けの鉄板ツイートジャンルを紹介します。

なんといっても「お金」

abundance bank banking banknotes

ツイートする話題がないときの切り口で最初に上がるのは「お金」に関してです。

どんなひともお金の問題や悩みは尽きませんそれは言い換えれば話題が尽きないということです。

程度の差はあっても「お金に関心がない」という人はいないのではないでしょうか?

お金はそれ自体が欲求の対象です。

最強の話題の1つです。

バズりたいならお金+α

お金の関心は尽きませんがそれだけのツイートは反応が薄いでしょう。

例えば

「10円拾った!めちゃ嬉しい!!うまい棒買おう」と私がツイートしてバズるのは難しいでしょう。

だれも知らない人の10円にもうまい棒にも興味関心ありません。

しかし、同じ10円でも、

「10円を拾った!10円でできる投資をしよう。」とお金のプロや経済学者が言ったらどうでしょう?

プロであるというバックボーンがあるのでだいぶ興味関心が湧くのではないでしょうか?

投資家からの「イイね」や「どんな投資ですか?」といった質問が来るような気もします。

他にもこういった言葉も

woman in black sportswear lifting a barbell

お金の話はがめついイメージがあるからしたくない。あるいはできない。ということもあり得ます。

そんな時は「お金」のパッケージを見直して変えましょう。

具体的には「投資」や「景気」、「経済」といった切り口に変えます。

「体は資本」⇒「筋トレは自己投資」

といった具合に表現を変えます。

自己投資という言葉は勉強なども含まれるのでクリーンな響きです。

ハッシュタグを「自己投資」と「投資」にすれば、「お金の話題」と「自己啓発」のような話題になって響く層が増えることが狙えます。

反応の良かったツイートをちょっとした表現を変えれば、

同じようなツイートを何度もでき、ツイートの量産もできます。

ぜひツイートに困ったら表現を変えたりするテクニックをしてみてください。

最後に

イメージをよくするために表現を変えることを勧めましたが、

インパクトは刺激的な言葉のほうが強いです。

「ローンで家を買った」⇒「借金1億しました。」のほうが強烈です。

自分が何をどう伝えたいかなどで適切に表現を変えられるといいです。

記事はここで終了です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひフォローお願いします。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました